読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)笑いまみれ・はなこば日記

笑うことを積極的に考える女の日記  旧ブログ→http://blog.goo.ne.jp/hanakoba0506

スピードワゴンの漫才が好き

ライブに行って、スピードワゴン井戸田さんの漫才を見て思ったんです。

井戸田さんはPOINSON GIRL BANDの吉田さんと漫才をしてました。井戸田さんのフットワークの軽さ。声の張り。体のキレ。キレは体だけではなく、言葉やタイミングもキレが良い。運動神経の良さそうなそんなツッコミをしていて「あれ?スピードワゴンってどうだったっけ?」と思ったのと、やっぱり好きだスピードワゴン!と思ったのでした。

出てくるだけでニコニコしちゃうのは、キャラクターを愛しているからであり、そういった人間力も込みでわたしは漫才を見ているのだから、スピワが好きなのは理にかなってる。ふたりのキャラがないとあの漫才はない。おもしろくない。

井戸田さんが安達裕実(今めっちゃ可愛いね、安達裕実)と結婚して離婚しようが、ハンバーグ師匠になろうが、小沢さんが「セカオザ」として世界のものになってしまおうが、わたしはふたりの漫才が好きというところからスピードワゴンに注目しているので、たびたび「あ!やっぱり漫才おもしろい!」っていうことを発見しては嬉しくなるのです。

 

ライブで井戸田さんが、小沢さんの話をしてました。

このライブ(「POISON吉田が5人と漫才」)に出ることを嫉妬していた。井戸田さんをとられるってなって。

という説明の後、井戸田さんが小沢さんの口調を真似て

「(ぽそっと)ライブに出るんだって?」

ツイッターで見たから、さ」

と少し拗ねたように口を尖がらかして言ってました。

「ね、潤…」と声をかける小沢さんが見えました。

 

そんなに書くほどのことでもなかったかもしれません。

でもちゃんと記しとこう。

だって井戸田さん格好良かったもん。

漫才好きなんだって、再確認したから。前前から、知ってたけど。根っこは漫才師なんだよ。

確かな実力に裏打ちされたテレビタレントとしての売れ方と、漫才愛。スピードワゴンの漫才、今から見よ。