読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)笑いまみれ・はなこば日記

笑うことを積極的に考える女の日記  旧ブログ→http://blog.goo.ne.jp/hanakoba0506

キングオブコント2015決勝進出者 に納得いきませんか?

キングオブコント

今年もこの季節がやってきた。
キングオブコント決勝進出者発表のニュースがあると、年末が見えてきた気がします。

今年の栄えある10組は以下。

・コロコロチキチキペッパーズ
・アキナ
・バンビーノ
藤崎マーケット
・ザ・ギース
・巨匠
うしろシティ
・ロッチ
ジャングルポケット
さらば青春の光

なるほど。おめでとうございます。

まず芸人さんへの願いとしては、皆が思う存分力を発揮でき、良い大会になりますように。
笑いの神様へ。グッとくるような瞬間が訪れますように。その後、何年もお笑い好きとしてそれをビーフジャーキーのようにくっちゃくちゃ噛んで味わいたいから。
運営側へ。本当に頼みます。事前収録のVTRに力を入れてください。事前番組やネタ前のVTRで使われるドキュメント部分のことです。
舞台裏の熱い表情を隠し撮りしてください。良い表情の芸人さんをたくさん画面に出してください。上手く編集して、始まる前から泣けちゃうようなやつをひとつ頼みます。
全ての芸人さんの笑いに対する熱意、情熱、ストイックさ、絶望も交えて、それを程よい距離感を持ってクールに演出してください。
数分のこととは思いますが、絶対に手を抜かないでほしい。言わせていただくと、毎年クオリティにブレがあります。
どうしてここまで言うかって?

それは、私にとってあそこが全てだから。
ネタの良し悪しなんてね、わたしはどーでもいいの。
あれはあのときの瞬間の輝きであって、その芸人さんのすべてをジャッジできるとは思っていない。
決勝の舞台で一番輝いたひとが勝ち。だ。
それにはストーリーも乗ってないと。だからネタそのものの出来なんてことは見てない。
そもそも面白いに決まってるんだから。厳選された人たちなのだし中途半端なものを人前で披露するはずない。
輝くためには事前収録のVTRほど大事なものはない。

さて。
毎年のことで飽きないのかな?
と思うんですが、決勝進出者に対する「納得いかない」ブーイングが今年もすごいです。
スポンサーでないかぎり、当局が出した結論を覆すことは叶わないことを前提に、それでも納得いかない人をどう納得させようかと考えてました。

いろいろ言い分あるよね。
会場のウケがあったのに落ちた。
または逆に、なかったのに選出された。
大きい事務所だから、テレビ人気だから、選ばれたなどなど。

実際に見に行ってると思い入れも乗っかって、「おかしい!」という気持ちもわかるよ。
わたしも数年前準決勝のザ・ギースがめっちゃくちゃ面白かったけど、選出されなくて、いまだに心に留っているから。
ただそれもしょうがないと思ってる。


なぜなら。

準決勝と決勝はメディアが違うから。
別物だ。
ライブとテレビだもの。
ダイレクトに面白いと思ったライブでのネタはテレビを通すといきなり魅力を失うこともある。
逆もしかり。それはテレビを作ってる人にしか分からないし、プロの任せるべきで、こっちは出てきたものにしか何も言えない。
わたしは準決勝からスカウトされて決勝に行くと考えてる。だって10組を選ぶって本当に大変だと思うから。
実際、そんなシガラミだけを考えている余裕はないと思う。

もし仮にほんとうに「実力のない人が選ばれた」としよう。
誰かが言うように大きい事務所の、売り出し中の、大人気のグループで、でも実力がそこまでなかったとして、決勝に選ばれたとしたら、どうでしょう。
わたし、それでもいいと思う。
だって、それこそがその芸人さんにとっての最大の試練だと思うから。
笑いは一番誤魔化せない。口パクとかできないし。人が作ったネタだとしてもそれを面白くするのはすっごく難しい。
そのひとが永久に面白くないってレッテルが全国に伝わってしまう。
ライブハウスの会場どころの騒ぎではない。
一回放送されたら、即YouTube行きで全世界に広まるよ。その芸人さんがつまらないってことが。

好きで始めた職業で、その評価ほどつらいものはない。

過去、そこまでのコンビやトリオはいないですけど。
ただもし自分が準決勝、手ごたえがなかったのに決勝に行くとなったら、すごく怖いです。行くしかないけど逃げたいよ。
それから決勝で実力が発揮できず手痛い傷を受けたコンビはたくさんいるわけで、今この瞬間も何人も思い出す。ひりひりした胸の痛みとともに。
思い入れがあってもなくてもこれは関係ない。キングコングとかさ、審査員の評価を聞いた時の泣きそうな顔は今でもわたしをシュンっとさせる。

だからもう決まったからには応援するしかない。
誰もスベルなって。

あと「納得いかない」人も全員テレビ見るのでしょう。
テレビの前に全員集合だ。
楽しめるといい。
もちろん見ている人も出ている人も。