(新)笑いまみれ・はなこば日記

笑うことを積極的に考える女の日記  旧ブログ→http://blog.goo.ne.jp/hanakoba0506

M-1 2017 感想

久々の更新。
やっぱり季節ものは書いておいたほうがいいな。
そして人の感想を見て、人それぞれだと思う一方、私はこう思う!と考えてしまったので、書きます。

今回は事前にネタ順を決めないと言う新ルール(という名の演出)が入っていました。
あれこれ言われてますけど、見ているほうは、そこまで影響なかったというか、
テレビに映っていない人たちのバタバタが透けて見えてしまったくらいで
結果的には悪くなかった(し、どっちでもいいと思った)

結論から言うと、私のこの日の一番はかまいたちです。
単純に一番好きで笑った。
もう一本見たかったけど、後からの勢いで点数越えていかれるのは仕方ない。
今でも街で「卍」マーク見ると「ふふふ」となります。
平場のコメントも逐一面白かった。

出順通りに僭越ながら、感想を。

1ゆにばーす
ビジネスホテル。
歴代M-1の中でトップバッターグランプリやったら1位だと思います。
そんなこと言われてもご本人たちは一切うれしくないし、迷惑かもしれないけど。
みんなにネタが面白いというところを見せつけた。
つい最近2014年のTHE MANZAIの事前番組でネタを見る機会があったのですが、
成長と進化がえげつないです。来年も楽しみ。

2カミナリ
世界一強い動物。
売れてしまってからなので難しいだろうなと思いつつ、
しっかり面白くてすごいなぁって思った。
ストーリーになっているところもいいよね。
どつき漫才なのに優しさがあって、さらにネタ以外のところも面白い。

とろサーモン
旅館。
いつものとろサーモンが見れて、胸熱。
コント漫才のようであって、久保田さんのキャラが前面に出ているせいか
上手さとかテクニックとか見ているほうに考える余地を与えないのが格好いい。

スーパーマラドーナ
コンパ。
敗者復活からの圧倒的な得票を得ていた。
私も入れた。面白かったもの。
このネタは
「ん?おねえがいるのがなんで気まずいか」
「嫌な感じにしないでよ」
「あ、まあ、嫌な感じならなくて、ホッ」
という自分の中の会話が邪魔になる。
私の中の問題だから、世間的にはどうでもいいんですけどね。

かまいたち
こわい話。
怖い話にイラっとするというテーマが好きで
その後の展開もずっと面白いなぁ
へりくつ楽しいなぁ
って思ってみていました。
たぶん顔が面白くて、好きなんだと思う。

マヂカルラブリー
のだミュージカル。
面白いネタだよ。結局ミュージカルしないし。
キラキラの照明とセットでやるのと
準決勝舞台、単色のバックで見るのと
きっと違うんだろうなと思ってみていました。

さや香
歌のお兄さん。
新しいものを感じた。
華やかさだろうか。さわやかさだろうか。ずっと見ちゃう吸引力でしょうか。
二人とも覚悟の決まった目をしているのも印象的でした。

8ミキ
漢字。
ミキびいきですよ、私は。
ですが舞台やこれまで見てきたミキの漫才よりだいぶ早い気がしました。
って、ファンあるあるですよね。
いつものほうが良かったとかいう、寒い感想。ごめんね。
ツッコミの速さに耳がついていけなくなって終わってしまった。
ババアだからだな。

9和牛
結婚式の準備。
↑タイトル名は娘のメモを見て書いてます。ウェディングプランナーのネタ。
コント漫才の最高峰って感じがした。
前半からの後半回収の構成とか演技力の高さとか
何役もやる水田さんとか。
私の意見。
和牛は上手と面白いを天秤にかけて、いつも上手に軍配があがる。
だから、そんなにハマっていないけど、高得点は納得。
面白いに軍配があがる時、たぶん和牛にどっぷりハマるんだと思っています。

10ジャルジャル
ゲーム。
ひたすらやる。
新しくて斬新で面白い。
福徳さんが「パイオニアが好き」と言っていましたが、まさにそんな漫才で
ジャルジャルを最初に知ってからずっと同じ感覚をこのコンビに持っていられるのは
すごいことじゃないかな
って思います。
ただ、本当にごめんなさい。
自分がアホ過ぎて、ゲームについて行けなかった。
これ、ずっとこの感じかな?って思った時に、もうわからなくなっちゃって。
でもう一回見て、完全に理解。
後藤さんも福徳さんも一切かまずに、ノーミスでゲームをやりきっていた。
やっぱすごい。
すごいと面白い。で、すごいに軍配があがった。

最終決戦。
とろサーモン
焼き芋屋
何度も見ているネタをこれだけ普通にやりきっていた。
下ネタも入っているはずなのに、するっと乗り切っていてびっくり。
ミキ。
スターウォーズ
去年の敗者復活のネタ。
このネタ好き。
ただ一本目のほうが
もしかしたら最近の漫才だったのかな。
進化の過程を見た気がした。
和牛。
旅館
一本目よりはこっちのほうが好き、かなぁ。
二人ともが憎たらしい感じが出ていて、いいなって思うんだよな。

三組とも面白くて(すべての組が面白かったですが)誰が優勝かわからないなか、
とろサーモンが優勝。
びっくり!
でもうれしいなぁって思ったわ。

意見はいろいろあって、さまざまで構わないと思います。
今年の私のキラーワードは
敗者復活の見取り図「あたおか」ですし。

これ以上、何をすればいいのかわからないって
みんな結構言っていて
そりゃあ
それだけ自分を追い詰めて追い詰めて
最高のものができたと思っている中、
そう思うのは当たり前のような気がします。
優勝はたった一組だけだから仕方がない。

ジャルジャルに関しては、あの松ちゃんが最高得点入れてるんだから、
私の意見は全面的に間違っているんだけど、
それでも全体的に一つお願いするとしたら、
置いて行かないで
ってこと。いや、置いていくつもりなら
それで全然かまわないし、こっちの老いのせいなのかもしれない。
そうなると、ついて行かないだけ(悲)
媚てほしいという意味ではなく、すごさを見せられると私は引いてしまうので。
すごいのなんて、最初からわかっていて、見せようとしなくても駄々洩れてるものだと思っています。
見せない工夫をどうしているかで好き度が変わる。

賞を取れる漫才とお客さんに愛させる漫才って
きっと違うんだろうし。
ただ、M-1は最高。
ものすごいドキュメンタリーを見ている気分で
毎年やられてしまいます。
芸人さんたちが
どうしてもそこに立ちたい。景色が見たい。と言われてしまうと、見るしかないって思うんだよ。
そういえば古市さんがテレビで「M-1好きすぎる一派が嫌い」と
おっしゃっていました。
わかるよ。わたしはサッカーとかオリンピックとかスポーツ系を好きすぎる人が苦手だから。
でも同じ穴にいるんですよね。私も。

広告を非表示にする