読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)笑いまみれ・はなこば日記

笑うことを積極的に考える女の日記  旧ブログ→http://blog.goo.ne.jp/hanakoba0506

『エレ片コント太郎』500回

ラジオ好きです。
たくさん聴いてないので、公言していいものか?とも悩みます。
幼少のころからラジオは常に身近にあり、大人になった今でも「この時間はこれ」というラジオ番組がある。
テレビよりラジオが優れた通信機器であると思ってる。
この程度の好きです。AMもFMも好き。ややAM寄り。

そんな私が愛している番組があります。

TBSラジオエレ片コント太郎』をご存じですか。
知らない人はまったく知らない。知っていても聴かない人は全然聴かない。

そんなラジオ番組が9年、500回を迎えました。
確認したら8年間聴いてます。
8年前、TBSラジオが平日深夜0時から帯枠で「JUNKゼロ」という日替わりMCの1時間番組を始めた頃に聴き始めました。
何度も書いてるけど、最初は全曜日聴いてたのです。月曜から金曜日までです。
今でも続いているおぎやはぎバナナマンもJUNKゼロでした。
次第にひと番組ずつ聴かなくなり、『エレ片~』だけになりました。
曜日を移っても、好きになる度合いは激しくなり、いつの頃から録音できるラジオを購入。毎週録音して何度も聴くようになりました。
この8年の間ほかの番組も録音して聴いたりもしてたんですが、しばらくして毎週聴かなくなりフェイドアウトしてます。

JUNKゼロを聴き始めたときは、一番期待してなかった番組です。
だって知らない。
知らないってことは、安心から遠いところにあり、安心できないと人はなかなか食いつかない。

エレ片のコント太郎』というタイトルも謎です。
エレ片」とは芸人エレキコミックのふたりとラーメンズ片桐さんの3人のユニット
「コント太郎」は最初番組内でコントをしていたことの名残です。
3人によるラジオ番組でトークとコーナーで今は構成されています。
トークとコーナーだけで持たせるのが不安だったのか最初はコントをしていたり、途中で2時間番組になったときにはゲスト芸人(所属事務所トゥインクルコーポレーションの若手)を入れたりしてました。

芸能界の裏話、ここだけの話はほとんどありませんし(なぜならほとんどテレビに出ない)
意味のない時間が永遠に続くこともあって正直しつこくてうるさいときもあるし、
コーナーが偏った方向に行って全然ついていけないこともあるけど(ある時期の「生きてて良かった~」コーナー)
それでもこの番組が大好き。
500回続いたって事実は、この番組を偏愛しているわたしの頭がおかしいわけじゃないってことを証明してくれて、ちょっとだけ良い気分にさせてくれました。
続いてくれてありがとう。

そんなわけである周期で何度か書いてるのですが、どうしてこの番組が好きなのか、またまた考えた。
前回のスペシャルウィーク(四半期に1度行われる聴取率週間)にゲストでいらした甲本ヒロトさんの発言が素晴らしくて
改めていろいろ考えた。
あれだけの作詞能力のあるスーパースターは洞察も鋭い。甲本さんは1年くらい前からエレ片リスナー。毎週録音。

至った結論としては「余白の魅力」だ。
何にもない。だけど面白い。
説明が難しいんだけど、何の為にもならない面白さが毎週聴く理由だと思う。
ホント言うと毎週聴かなくてもいいかな?ってふと思うんですが、聴かなかった週の翌週の放送で新しい流れができあがってたりすると、聴いてなかったことをすごく後悔する。
自分の知らないところで、めっちゃ面白い話されちゃったような気分になるから聴く。
他の番組はあんまりそう思わないからフェイドアウトする。

甲本さんは
今時「めずらしいんですよ、しゃべるだけの番組は」と言い、伊集院さんのように筋書き立てて芸として毎週すごいものを提供するラジオの対極にあるという言い方をしています。
エンドロールのNG集のようだと。
すごい表現だ。
言いえて妙。
いらないけど、すごく好き。
無駄も含めて良い番組だなって思う。
ぐずぐずになりながらも、予想だにしないものを楽しむ余裕があるって私は思いたい。好みの問題かもしれないな。

これ以上有名になってしまっては、この絶妙なバランスを保つことができないんではないか。
これ以上エレキコミックが人気者になったら、経験談ばかりになって、そこいらの番組と同じになってしまう。
そもそもわたしはエレ片でしばしば行われる旅話にハマってないので、もっとつらくなる可能性ある。
旅話も時と場合によるんですけど、やついさんばっかりが話している時よりも他の二人がどんどん絡める状況なら楽しく聴ける。
余白の魅力だから。
エレ片は。
500回を記念して過去の放送で印象に残った回を募集してましたが、
わたしのお気に入りの回は
前ディレクターの原さんが酔っ払って、片桐さんが迷惑した話から
原さんの物まねで「ブスではない。かわいくはないけど、ブスではない」というセリフで
長いことコントをやるというやつです。
ポッドキャスト録音分なので聴けます。(2013年1月12日の回 YouTubeで聴こう)
最近また聴いて呼吸困難になりました。
ちなみに旅の話を今エレキコミックが配信している「エレマガ。」でやついさんがコラムを書いております。
こちらはとても楽しいです。文章になると耳で聞くより情報が面白いと感じる。
リスナーの移り変わりを感じたり、原さんはお子さんが生まれて新ディレクターになったり、
いろんなことが変わっていくけど、
このバランスを保ちつつ、どうぞ長く続きますように。
501回今週で502回おめでとう。
コントユニットとして1年に1度開催されるコントライブ
ラジオ関係なく、本当にびっくりするほどちゃんとしてて面白いからぜひ足を運んでほしいです。
来年2月。わたしも見に行きます。