読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)笑いまみれ・はなこば日記

笑うことを積極的に考える女の日記  旧ブログ→http://blog.goo.ne.jp/hanakoba0506

M-1グランプリ2015 全ネタ感想

M-1

全ネタ感想は過去記事を見て何にも思い出さないときがある。 なぜなら私は面白いとか楽しいとかしか言わない。理論がないのに書いちゃう派。

だから何のためか分からないけど全ネタ感想書きました。

 

①メイプル超合金 
「犬を飼いたい」
おそらくこのコンビの漫才をじっくり見るのは初めてかもしれない。
漫才上手い。下手そうに見えるギャップがすばらしい。
金髪で赤い服、太っているという見た目を使わないネタなのに「平均体重底上げ大臣」「町の変わり者にオレがなるなんてな」と鮮やかに一言でいじって見せる。
話し出したら人柄の見える良い漫才だった。ファンになる。

②馬鹿よ貴方は。
「おにぎりやさん」
鋼の心臓の持ち主。ファラオさん。どんな状況でもあの佇まい。

4分では魅力を認識させるには短いか。
「大丈夫」の連呼ではちょっとゲー出そうになったけど(わたしは音に敏感)

 

スーパーマラドーナ
「彼女の部屋」
キャラがしっかりネタに出ていていいですよね。

うちの娘(10歳)の一番。「落ち武者のやつ」「”ここはいっぱいでござる”のやつ」と言ってました。

④和牛
「結婚式を抜け出した彼女」
このネタ好き。同意見。人の迷惑かけるの平気な鈍感な人とは近付きたくない。でも美人かな?その女。

理屈や怒りを漫才にぶつけるのって、漫才の伝統技法でもあるけど、古臭くなく「今」の漫才になってる。格好いい。

ジャルジャル
「くせのやつ」その1
徐々にボルテージがあがり、後半畳みかけるような漫才。タイミングも言い方もすべて完璧。コントのジャルジャルが自分たちのスタイルを崩さず、ここまでの漫才を作ったことに感嘆。

銀シャリ
「料理のさしすせそ」
この日の一番。わたしはバカみたいなボケが大好き。「そ」の味噌でキレるとかチャーミング。2回観たけどもう一回見たい。

達者なのは知っていたし、だからこそあんまり得意ではなかったこのコンビですが、好きになったな。やっと。
⑦ハライチ
「誘拐」
「やーつー」じゃないところを見せる渾身のネタだと思う。後半とってもいい感じになってきたのに点数に跳ね返らず残念です。面白いのにな。独創性をもっと出せってことなのかな。定番の電話のやりとりネタでは、ってことなのでしょうか。

わたしは知らなくていいことだろうな。澤部さんのやせ我慢した顔に泣いちゃったけど。

タイムマシーン3号
「太らせる能力」
おもしろいなー。わたしにはちょっと後半早く感じてボーっとしちゃったけど。聞きとる能力がちょっと弱いので気にしないでください。勝ち上がってほしかったけどな。たった2点の差。すっきりした敗者コメントを残してましたね。まだまだ道は続く気がしてます。

トレンディエンジェル
「ハロウィンとクリスマス」
ラグビーとかトリプルスリーとか爆買いとか時事ワードのさりげない挿入、ハゲネタを取りこぼすことなく、たかしの誘導の巧みさやそつのなさ、斉藤さんの色気やバカすぎる発想。いろんな漫才のテクニックを駆使しているシンプルなしゃべくり漫才

とってもすごいのに、ハゲを前面に押してるからその凄さに気付かない。敷居が低くてだれでも笑えて、意味なんかなくて、大好きな漫才だ。敗者復活のネタをもう一度見直したんですけど、会場の笑いや拍手が一番聞こえた気がします。気のせいかもしれませんが。

 

決勝
銀シャリ
「壁が薄い部屋」
砂時計で起きるの面白いな~。ツッコミが強めだなこのネタは1本目より。だから1本目のほうが好き。

トレンディエンジェル
「ダイエット」
2回目の「斉藤さんだぞ」ウケタなー。クリニカをシャンプーに使うとか、英検4級とか素敵なワードがたくさんある。どーでもいいことに時間使うのも素敵。
あ、ファンですよ。ずっと前から。

ジャルジャル
「くせのやつ」その2
面白いよ。でも1本目で堪能したと思ったから、ちょっと残念な気がしたのかな?

よく考えたらダブルボケだよね。ジャルジャルはまた来年挑戦するのだろうか。これ以上のものがつくれるのかな。すごい才能だと思う。

 

そしてトレンディエンジェルが優勝。9人中6人の票をとって。
だれかが楽しくて笑えるだけだったら審査員いらないんじゃないか、って言った人がいたけど、そうかな?って思ってる。ただの2時間特番だったら、こんなにずっと話さない。M-1だって言っちゃうと、過去、クソみたいなジャッジの年があって、でも笑いは主観に基づいているからそうも強く言えない。審査員を「あいつ・・・」と思ったことはあるけど「いらない」って思ったことはない。だってそれがあるから面白いんだもん。そんな変な采配だって、なにかがかかってるから。
ENGEIグランドスラムだったら、そんなにあーだこーだ言えないでしょ。だってギャラ貰ってやってるの知ってるし、ネタがおもしろいねーだけで終わるじゃん。話続かないじゃん。批判もしないじゃん。お金とか人生がかかってるから、目くじら立てて言いたくなるんだよね。ところでそのひとは嫌だったんだろうね、楽しい漫才が優勝したこと。すべては主観。でもわたしはその主観は違うと思う。そんな主観。
自分と違う批判を聞くと、ホントに顔を突き合わせて話したくなるよ。つーかもう話してる。職場で。

 

あともう一個M-1の記事を書いてます。