読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)笑いまみれ・はなこば日記

笑うことを積極的に考える女の日記  旧ブログ→http://blog.goo.ne.jp/hanakoba0506

女性タレントウォッチング

今年に入ってテレビっ子としての大事件は
ベッキー不倫騒動。

相手の男性も知っている人物であっただけに(ゲス極好き)、衝撃と妄想と憶測が脳内を支配しました。
この話題が大好きすぎる。ゴシップにどっぷり漬かりたい。そんなわけで前よりニュースサイトを見る時間が増えました。
この件はベッキーが休業するということで一応の終息を迎えているように思います。

だから書きますね。

大好きすぎる。って書いたけどどういう意味か自分でも分析してみた。
ベッキーのしたことや結論や本当はどうだったかとかはどっちでもいいのです。
批判や擁護などの意見を言う人たちにも何も言うことはなくて、その人たちもひっくるめて、さらに自分でもあーだこーだ言うことさえも、好き。
要するにゴシップ大好き人間ってことですよ。おほほ。

それはいいとして、この事でベッキーが売れっ子だったんだなってしみじみ思いました。レギュラー番組の重要ポジションにいるため、不在が際立ちます。

もちろんずっと以前からベッキーはテレビのなかの住人で、ひとつのテレビアイコンとわたしは思ってました。

これは彼女がプロとしてきちんと仕事をしてきたからこそ築けたポジションだったと思っています。
わたしのベッキー評は、「仕事人間」です。
テレビを製作する上で使いやすい人間となるために、彼女はバラエティ番組での所作において、ほかの追随を許さないほど切磋琢磨していたはず。だって目の奥に感情が見えない。人間らしさの消失は、ある程度のステージまで行ったバラティアイドルの宿命であると私は思ってます。小池栄子さんとかMEGUMIさんとか。優香さんとか。出てきたばかりのころは人間味に溢れていたのに、バラエティで良い仕事をし出すと同時に反比例して人間味が薄くなる。
もちろん号泣ベッキーも知ってます。動物のやつとかスマのやつとかで。
しかし、いつも、「求められているから」という動機が見え隠れてしていて、素直に行動していたかどうかは疑わしい。
その時々でVTRに寄りそったコメントをするけど、たびたび矛盾しているし、それをいとわない。
このVTRは驚いた方がいい。こういうときは泣いた方がいい。とかを分かっている。
出すぎず、はしゃがず、本心は奥のほうに追いやられている。
だからこそアーティスト活動とかやりだしちゃってるんだと(もちろん妄想)思ってるんだけど。
そんなベッキーベッキー自身は好きだったはず。
なぜならワイプ芸なんてものは、どうだスゴイでしょって言っちゃうと、(・・・まあいいけど)無粋なもんですよ。でもベッキーはそれをやっちゃう。
あるときツイッターでこのワイプ芸を褒めるまとめサイト?を本人がリツイートしているのを見かけた。
ああやっぱり、ベッキーは「どや!」って思ってんだってそのとき確信した。
仕事上必要なウソをつくことは否定しない。わたしもその派閥。ウソなんてどうってことない。だけど、本当にもう一つタレントとして頭を抜けるならば、反応をいとわず、自分を正直に出すべきだとわたしは思っている。これは個人の意見ですけど。マツコさん、有吉さん、坂上さんはこれで頭一つ抜けたからそんなことを思ってるだけです。
求められるものが何かを分かってしまう細やかな神経のひとだからこそ「優等生」でいようとしてたのかもしれないけど。

この話題により彼女のツイッターやhpをすごい読んじゃった。
タレント、ベッキーを本人も愛してたし、愛されていることにも喜んでいたように見える。
目の奥はいつも暗いけど、でもそこをもイジってテレビの中で懸命に生きる人だと思ってた。

だからそれを前提にすると、やっぱりあの記者会見は納得がいかない。いや、ガッカリしたというほうが正しい。
もちろん大人に言わされているのかもしれないし、本人は恋愛だの異常事態だので判断力が鈍ってたかもしれない。
ただ仕事のできる人であろうとしていたならば、あの会見はない。
あの謝罪会見でもベッキーは信じてたように思う。自分は「できる」って。そのことが大間違いだって気付いてるように見えなかった。そのことがとにかくガッカリなの。
わたしはその後に出た「友達で押し通すつもりw」という記事だけが痛手になったとは思わない。
テレビの画面ごしの一般の人たちがどう思うかまでの予想が甘くて、そのことと後追い記事がつながって、「バカにしてんのか」ってなったことがダメだったんだ。
大衆を予想できなくて、どうしてタレント:ベッキーと言えよう。
最悪、その能力以外いらないとさえ思う。
テレビの中のアイコンで居続けるには、スポンサー様やスタッフ様に気に入られるだけが全てじゃなく、現場の人は視聴者につながっているということを、ベッキーは忘れちゃったのかな?
あんなにテレビが大好きだって言ってたのに。

おい、ベッキー。あなたは、その程度だったのか。

ってことがわたしの言いたいこと。
能力をかいかぶりすぎてたのかしらね、わたし。

とかなんとかいってすぐ復帰して何事もなかったように、平然とテレビ出るかもしれないけど。それはそれでいいですよ。ガッカリは消えないけど、でも別に良い。
矢口真里さんのされているように、ね。
(あのひとは何も説明してないくせに、よくもぬけぬけとコメントできますな。
 あ、本音が。)

では今日はここまで。
個人的には復帰してほしい。だってその後の展開を見守りたいから。
このままわたしのほうから見えなくなってしまっては、オチがつかないでしょ。