(新)笑いまみれ・はなこば日記

笑うことを積極的に考える女の日記  旧ブログ→http://blog.goo.ne.jp/hanakoba0506

下がり上がり

2回目だそうです。
松本人志陣内智則が、芸人たちの悩みに真摯に向き合う芸人ドキュメンタリー」。深夜にやっている番組です。

舞台袖のような空間にMCふたりが座っていて、ゲストの芸人さんが入ってきて、トークをし、ネタをお客さんの前で披露する。
最後はドキュメンタリータッチで芸人さんの格好いい表情をスライド写真のように見せます。

今回は、ソラシドと井下好井。
ソラシドは17年、井下好井は10年の芸歴で実力は認められているものの、その先に行けないそんな現状を主軸にダウンタウン松本さんがアドバイスとまではいかないけど話していく。
ソラシドと井下好井を応援したくなったので、この番組それで成功のような気がしてます。

それはそうと、松ちゃんの語ることで新しいニュースはないなと『ワイドナショー』なんかをチェックしながら思ったりするんですが、まだまだあるんだ。と目ぇキラキラさせて聞いちゃう一面が私にはある。
そうです。
わたしはダウンタウン直撃世代です。

一番印象に残っているのは、賞レースに関して井下好井のふたりが劇場でウケたネタをしても賞レースではそこまで引っかからないと話していて、松ちゃんに陣内さんが「今、同じくらいの芸歴で(賞レース)出るとしたら、あのダウンタウンのネタで勝負しますか?」と聞いてました。
そしたら
「正直言うと、もう優勝は目指さないな」

と断言。
「えげつない印象を残す。それで優勝できたら一番いいけど。」
「えげつない印象を残すってほうに命かけんちゃうかな」
と言ってました。
続けて、
「優勝してるコンビが必ずしも残ってるわけじゃないし、それならなんやねんっていったら、やっぱり印象を残す」
「とてつもない何かをやらかさないと、オレはいかんのんとちゃうかなあと思う」
と分析をされてました。

すごいねえ。
こんな短時間で短いワードを組み合わせて、こんな中核をつくようなことを言えるんだ。

そりゃあ全部が全部言葉通り正しいとは思わないです。
準決勝から決勝にあがるのだって、「印象」だけじゃ受からないだろうし、じゃあその印象ってなんだろって思うし。
ただ自分をどう見せてどう面白くなるかを、人よりずっと広い視野で見えてるのかもしれないって思って、胸が熱くなりました。
そしてとっても優しいな。
真面目に語る井下さんを見て「真面目やな」と笑う松ちゃんは、「そうしないと人は笑ってくれないもんな」と呟いたり、17年の芸歴を積み重ねてしまったソラシドに何かを変えないといけないとアドバイスするのに「きつい言い方したら」と言葉を差し入れて、やり方を失敗してるからどうにか変わらなきゃいけないと真剣に言ったり、とにかく優しい。

トークが終わると開演のブザーがなり、ドアがそのまま舞台につながっています。
コンビが飛び出していき漫才をしてました。
どちらのコンビもすっごく面白かった。

あんまりなー
芸人さんばっかりを呼んでも続かない気もするけど、
(というのはイチイチ録画を止めて巻き戻して見直している私のような人はごく一部って最近気付いたから)
もっといろんな人が出たらいいなって思ってます。

 

それからそんな松ちゃんが審査員をつとめるキングオブコントももうすぐだね。

 

広告を非表示にする